世界起業家列伝
大ベストセラーになった金持ち父さん貧乏父さんシリーズの本の感想や著者であるロバートキヨサキを紹介します。
ホームボタン

ロバートキヨサキとは

ロバート・キヨサキという人物がいますが、いったいどういった人物なのでしょうか。ロバート・キヨサキ氏は日本名では清崎徹といいます。アメリカにおける投資家であり実業家でもあります。そしてセルフヘルプ著者、モチベーショナル・スピーカー、金融リテラシー活動家でもあり、また時折金融コメンテーターにもなるのです。ハイスクールを卒業した後にニューヨークにある米国商船大学校へと進学しました。

そして卒業後には海兵隊へ入隊します。そして士官、またヘリコプターパイロットとしてベトナム戦争に出征することとなります。そして帰還してからビジネスの世界へと乗り出すことになるのです。その際にナイロンとベルクロを使用したサーファー用の財布を考案しました。そして会社を設立することとなります。そしてその後もいくつかの会社を興すこととなります。そして1994年にビジネス界から引退することとなりました。またボードゲームであるキャッシュフロー101、キャッシュフロー202を考案しました。このキャッシュフローゲームは不動産と株式投資を題材にした人生ゲームです。

金持ち父さん貧乏父さんの感想

金持ち父さん貧乏父さんはロバートキヨサキ氏が書かれた書籍です。ロバートキヨサキ氏はパーソナルファイナンス専門の作家であり、また大学講師でもあるのです。全く違ったタイプの二人の人物の影響を受けてそして構築された非常にユニークである経済論の展開を行っています。この全く違ったタイプの二人の人物というのが、高学歴であるのに収入が不安定であるロバートキヨサキ氏の父親と13歳の時に学校を中退した億万長者であるロバートキヨサキ氏の親友の父親です。

貧乏父さんであるロバートキヨサキ氏の父親は一生の間金銭問題に悩まされることになります。そしてまた家庭生活崩壊の憂き目をみることになります。一方で金持ち父さんである親友の父親は全く対照的である人生を謳歌することとなるのです。このことから得たことにについて書いてある書籍ですが、読まれた方の感想としては、評価がとても分かれています。かなり高い票kをされている方もいれば低い評価をされている方もいますね。投資は自己責任であることを認識しておくべきだという感想がとても多いです。

キャッシュフロークワドラントの感想

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラントはアメリカの実業家ロバート・キヨサキ氏が書かれた書籍です。経済的自由があなたのものになるというサブタイトルがついています。この書籍は金持ち父さんシリーズの第二弾となる書籍です。

従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家といった4つの生き方があります。その4つの生き方を決める価値観の違いを知ることにより、人生の夢を実現しようという目的の書籍となっています。金持ち父さん貧乏父さんはミリオンセラーになりました。ですがその金持ち父さん貧乏父さんを呼んでも割り切れないような思いを抱いた方が多かったかもしれません。ですがこのキャッシュフロークワドラントは経済的な自由を実際に手に入れるためにどのようなプロセスを踏めばいいのかということをテーマとしているのです。感想としては著者の中で考えが一貫している、この本のおかげで意識改革につながった、非常に衝撃を受ける一冊だったというものがありました。また全部をうのみにしすぎることは危険であるというような感想もありました。

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法の感想

ロバート・キヨサキ氏とシャロンレクター氏著作で白根美保子氏翻訳の書籍、金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法は金持ち父さんシリーズの書籍のうちの1冊になります。アメリカンドリームを実現しようというもので金持ち父さんシリーズの5冊目になります。

若くして財をなして自発的に引退し、また十分な蓄によって快適な生活を保障されるというまさにアメリカンドリームをつかむために実践的な考え方の紹介がされている本です。この書籍を読まれた方からのレビューとして、評価の高い感想ですとすごくいいと評しているレビューもたくさんありました。第一作に負けないぐらいいい本、読み進めていくたびにアイディアがわいてくる、相変わらず繰り返いの内容が多いが繰り返すことによって読者に対して改めて考え直して理解してほしい願いがあると思っているという感想があります。また評価の低いものではその繰り返しが多いことに違和感を覚えている方が多いようですね。また文章が読みづらいという感想もありました。翻訳のせいなのか元の文章のせいなのかはわからないが読みにくいそうです。

▲ Page Top

Copyright (C) 2017 世界起業家列伝 All Rights Reserved.