世界起業家列伝
ウォルトディズニーの名言など知っている事を書いてみた。
ホームボタン

ウォルトディズニーとは

ウォルトディズニーとはミッキーマウスの生みの親であり、ディズニーランドの創設者です。彼が初めて構想し指揮して鍛造したのはカリフォルニアにあるディズニーランド・パークとされています。遊園地をつくる経緯としてウォルトディズニーは幼少の頃、幼いふたりの娘を連れて度々カーニバルや動物園、遊園地に遊びに行っていたと言います。そんなある日、回転木馬に乗っていた娘たちを眺めていたウォルトディズニーは、ベンチに座ってポップコーンを食べているだけの自分の姿に気付いて子供だけでなく両親も一緒に楽しめる場所を造りたいと考えました。

ウォルトディズニーは数名のデザイナーを野党と、15年もの長い年月を考えて理想の遊園地を開発します。そして現在のディズニーランドが完成したのは1955年でした。ウォルトディズニーは幼いころから図画や演技などアートの才能を発揮しており、19歳にして初のアニメ作品を手掛けます。そして22歳になると兄と一緒に会社を立ち上げて様々な人気アニメを制作していました。ミッキーマウスが生み出されたのは1928年で、すぐさま観客たちの心を鷲掴みにしたのです。

ウォルトディズニーの名言

ウォルトディズニーはアメリカ合衆国にあるイリノイ州シカゴで生まれた人物でミッキー・マウスの生みの親として有名です。アニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、声優、実業家、エンターテイナーといった様々な顔を持ち、兄と共同で設立したウォルト・ディズニー・カンパニーは350億ドルの収入を持つ国際的な大企業になりました。本名はウォルター・イライアス・ディズニーといって、アイルランドからの移民の一族になります。

彼が自ら構想し指揮して造られたディズニーランドはカリフォルニア州アナハイムにあり、1955年7月18日にオープンしました。そんな彼は様々な名言を残していますが、なかでも有名なのは「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」というものです。人々に何度も来たくなるような愛される遊園地になるには常に新しい夢とアイディアでディズニーランドを改良し続けていく必要性を彼は気付いていたのかもしれません。その言葉通り、ディズニーランドは現在もその名言を引き継いで新しい発想と想像力で世界中の人々を喜ばせているのです。

ディズニーランドの成功要因

ディズニーランドが成功した要因は幾つも存在します。まずはそのタイミングです。東京ディズニーランドが開園された1983年は日本経済が大いに発展している時代で、人々の価値観もモノから心へと変化したことでレジャーに安らぎを求める傾向にあり、その需要にぴったりあてはまったのです。

次に挙げられるのが立地条件の良さです。東京ディズニーランドの場合、交通アクセスが整っている都市部から少し移動するだけで訪れることが出来ます。客たちの気持ちをうまく切り替える演出として現在の場所は適切だったのです。次にディズニーブランドをフル活用していることです。国内の独占権とミッキーマウスを自由に使える権利を獲得したことで、ゲストへのおもてなしをディズニーブランドを駆使することで最高基準へと引き上げました。また地元住民や行政の協力が大きかったことも挙げられます。

ディズニーランドのような大規模な都市開発計画は当然批判もありましたが、千葉県や浦安市などが支援したことで大いなる発展を遂げたと言えるでしょう。そしてディズニーランドに関わる全てのスタッフの頑張りも大きな貢献と言えます。何が何でも成功させようという強い意志で団結することで彼らは当時存在していた遊園地よりも多くの来場客を引き寄せたのでした。

心くばりの魔法の感想

この作品はディズニーランドの元人材トレーナーであり、10万人以上のキャストを育ててきたという櫻井恵理子さんが書いているということで興味を持ちました。ディズニーランドは何度か訪れた経験はありますが、そこで働いているスタッフはいつも笑顔でその世界の設定に忠実な仕事をしています。その秘密をこの本で少しは知れるのではないかと思ったからです。

小説やエッセイなんかはひとつの区切りが長いので手が止まらないまま他の事がおろそかになってしまうのですが、この本は3ページ程度で1つの教えが説明されているのでちょっとした時間でも読みやすく感じました。この本では誰からも好かれる人の共通点として、やりとりがスムーズになる、お願い事を聞き入れてもらえる、大きな仕事を任されるの三つが挙げられています。私自身、そのような人物になりたいとは思っていますがどのようにしていいかわからずにいたのですがこの本を読んでヒントみたいなものを貰えたように思います。またディズニーランドの裏側についても触れている部分があるので、そういった内容に興味がある人にはおすすめしたい一冊です。

▲ Page Top

Copyright (C) 2017 世界起業家列伝 All Rights Reserved.