世界起業家列伝
カップヌードルの生みの親ともいえる安藤百福がいかに凄い経営者か分かるように紹介します。
ホームボタン

安藤百福とは

安藤百福とは、台湾出身の実業家であり、日本では「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した人物です。また世界的に普及したインスタントラーメン産業の創始者かつ日清食品の創業者でもあります。チキンラーメンが開発されるきっかけになったのは昭和20年代の深刻な食糧不足だと言います。

当時の日本政府はアメリカ合衆国から送られる援助物資に頼ってましたが、その殆どが粉食と言われるパンやビスケット類でした。パン食が推進される中、安藤は古くから伝わる東洋の食文化であるめん類を奨励すべきだという考えを持ち、当時の厚生省に提案します。しかし様々な事情から断られてしまい、自ら研究を始めるのでした。即席性と保存性の確保、大量生産する技術をテーマに幾度も研究を重ねることで現在のチキンラーメンが発売されたのは昭和33年のことでした。

突然現れたインスタントラーメンの存在は一躍ブームになり、追随する業者も多く存在したといいます。カップヌードルを造るに至ったきっかけは昭和41年のヨーロッパ視察のことでした。二つ折りにしたチキンラーメンを紙コップに入れたものをフォークで食べるのを見て現在のカップ麺の着想を手に入れたと言います。発売されたのは昭和46年のことでした。

安藤百福とカップヌードル

安藤百福は台湾出身の実業家で、カップラーメンの創始者でもある人物です。安藤がカップラーメンの着想を得たのは、1966年に向かったヨーロッパ視察のことでした。米国のスーパーマーケットにおいて、バイヤーが二つ折りにしたチキンラーメンを紙コップに入れたものをフォークで食べるのを見たことがきっかけとなりカップ麺の発想を手に入れます。日清食品が11970年にアメリカに現地法人を設立すると翌1971年には世界初とされるカップ麺、カップヌードルが日本国内で発売されることとなりました。

現在は知名度の高い食品ですが当時は販売に協力的な問屋が少なかったことから苦戦を強いられます。転機が訪れたのは1972年のことで、世界的にも有名な連合赤軍あさま山荘事件のテレビ中継放送で湯気の上がるカップヌードルを食べる機動隊員の姿が映されました。これが事実上の宣伝となり、興味を持った視聴者からの問い合わせが殺到したと言います。このとき日清食品は警視庁に対して通常小売価格の半額でカップヌードルを提供していました。このようなことから安藤百福とカップヌードルは密接な関係にあるのです。

安藤百福のカエルを煮込む日々とチキンラーメン

安藤百福がチキンラーメンはカップラーメンといったインスタントラーメンの開発に着手するきっかけとなったのは、昭和20年の食糧不足でした。当時の日本政府はアメリカから送られてくる助物資に頼っていましたがそのほとんどが粉食と言われるパンやビスケットだったと言います。

またそれらの食料は配給制だったことから長い行列に並ばなければならず、栄養失調で倒れる人も少なくなかったと言います。そこで安藤はまず専門家の手を借りて国民栄養科学研究所を設立すると職業産業へ乗り出す第一歩としてカエルを原材料にした栄養食品の開発を始めるのでした。後に栄養剤をつくることに成功するのですが食糧不足の問題と日本の文化である麺の進行を目的として、次はインスタントラーメンの開発に乗り出すのです。

やがてそれはチキンラーメンとして世に発売されて大ブームを巻き起こすのですが、それに至るまでの苦労を乗り越えられたのは栄養剤を開発のためにカエルをに続けるような根性がったからこそ出来たことです。更にその後に発売されるカップラーメンもまた世界で大ブームを引き起こし、今やインスタントラーメンの代表的な商品となるのでした。

安藤百福の名言

安藤百福は台湾出身の実業家で、チキンラーメンやカップラーメンといったインスタントラーメンの代表とされる製品の創始者でもあります。また彼女は日清食品の創始者でもあり、様々な名言を残しています。なかでも印象に残るのは「事業のヒントは周りを見わたせば、どこにも転がっている。事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて成功を保証するものである。」というものです。安藤百福がチキンラーメンやカップラーメンを開発するきっかけは確かに身近なものでした。

日本の伝統的な文化である麺文化を進行させたいと思いつくったチキンラーメン、そして海外視察の際に海外の人が変わったチキンラーメンの食べ方から発想を得てつくられたカップラーメンについて知るとより名言の意味が深く理解できます。
また「即席めんの発想にたどり着くには、48年間の人生が必要だった。過去の出来事の一つ一つが現在の仕事に見えない糸で繋がっている。」という名言は現在の地位に至るまでの苦労について考えさせられる一言になっています。

▲ Page Top

Copyright (C) 2017 世界起業家列伝 All Rights Reserved.